So-net無料ブログ作成

天国の時間 [3分間メッセージ]

みなさま、こばにちは、ぶぅでございます。
遅くなりましたが、あけましておめでとうございます!!
今年もよろしくお願いします。
今年は、皆様にとってどんな年になるかな。
ぶぅの今年の目標は、もっとたくさん聖書を読むです。
いま、ぶぅは、リビングバイブルで読んでいるのですが、普通の聖書でも読めるようになりたいです。
あと、車の駐車もうまくできるようになりたい!!
やりたいこともいっぱいあるので、昨年がぶぅにとって飛躍の年だったと同様に、今年も羽ばたいていきたいと思っております。はい。
いやぁ、なんか最近真面目だなぁ。ぶぅも成長しました。

一日の元旦礼拝は、「教会形成と伝道のビジョンを求める」でした。
チャペルタイムは無しで、パワーポインタを使って黒田明先生がメッセージをしてくださいました。てことで、今回は3分間メッセージです。
ちなみに、この日、ぶぅの親友、とみーが遠くから、来てくれました!!
いや、本当に遠いのよ、半日がかりで、電車乗り継いできてくれました。
とみー、ありがとう♡
メッセージ入ります。要約は無しです。

天国の時間
いかがお過ごしでしょうか。今回は、「天国の時間」と題してお話をいたします。
「楽しい時間は早く過ぎ、いやな時間はゆっくり過ぎる」。これは誰もが経験していることではないでしょうか。嫌いな授業やイヤな仕事の時間はなかなか終わらないのに、昼休みの時間はあっというまに終ってしまうのです。退屈な時間ほど長く感じるものですが、恋人とのデートの日となると日が暮れるのが何と早いことでしょう。
さて、この不思議な「時間の長さの違い」というものを、とことんまで突き詰めていくと、実は時間がなくなってしまうのだと、言った人がいます。実際に、最高に楽しい時間はあっというまに過ぎて行く。24時間がまるでたった一秒であるかのように、それほど時間を忘れて夢中になれる。こんな環境の中にいる人にとっては、百年も千年も本人にとっては一秒に過ぎない。つまり時間が止まってしまう。それが天国の状態だというわけです。
逆にいやでいやでしょうがない時間、肉体的な苦しみ、精神的な苦しみ、どうしても我慢ができない場所と空間、この中にいるといつまでたっても時間が進みません。つまり、時間が止まって、苦しみは永遠に続く。これが地獄です。
ところで、時間というのは神さまが天地創造によってこの世界を始められたとき、最初に造られたものです。神様は時間という枠組みをまず決められ、その中で歴史を始められました。始まったものには必ず終わりがあるはずです。聖書は次のように言っています。「時が満ちるに及んで、…あらゆるものが、キリストのもとに一つにまとめられます。」(エペソ1:10)神さまが始められた時間。これはいつまでも続くものではなく、満ちるときがあるのです。キリストがもう一度来られてこの世界が終わるとき、時間そのものが消滅するのです。その後に始まるものは、もう私たち人間の理解を超えたものですから、誰も説明することなどできません。
でも、はっきりとわかっていることがあります。それはやがて天国で私たちは救い主イエス・キリストとお会いすることができ、これ以上のうれしさ、これ以上の喜びはなく、今私たちが経験している時の流れという時間など、とっくに止まってしまっているということです。

以上になります。また来週~。
父なる神と私たちの主なるキリスト・イエスから、恵みとあわれみと平安とがありますように。

今週の聖歌♪ 新聖歌423
御神の御殿よ われ深く愛す
いざ行きて主を拝せん 在りし日の心もて
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0